会社概要

北海道産なたね油


バイオディーゼル燃料


廃食用油回収
工場視察見学のご案内
インフォメーション
モバイル










Counter

 

 
  BDF5%混合軽油(以下B5)とは軽油に5%以下のバイオディー
  ゼル燃料を混合した軽油です。Bはバイオディーゼル燃料(以下BD
  F)5はBDFの混合率5%以下を指します。
  補足)混合率5%以下は、現在の日本の法律「揮発油等の品質の確保
  等に関する法律(品確法)」で、軽油に含まれるBDFの濃度を5%
  以下と定めているためです。
  ≪B5=軽油95%以上+BDF5%以下≫
  エコERCのB5は法律の規格を満たした軽油ですので、自動車に使
  用することできます。また、他の軽油と混ざっても問題ありません。

  BDFは原料である植物が、成長過程で既にCO2を吸収しているた
  め、燃焼させても大気中のCO2量は増えないとされ、使用に伴う排
  CO2出量はゼロとみなされます。B5はこのBDFが混合されてい
  る分、CO2削減効果があります。また、BDFは再生可能なエネル
  ギーであることから、限りある化石燃料の節約にも貢献します。
 
  B5に5%以下含まれているBDFは、植物由来の廃食用油が主な原料です。
  ここでは、BDFが環境に優しいとされているかをご説明します。

  <カーボンニュートラル>
  ガソリン、軽油、灯油、重油などの化石燃料は、製造する過程や燃料
  として利用される時にCO2を排出し、地球温暖化の原因となってい
  ます。一方、BDFも燃焼時には化石燃料と同じくCO2を排出しま
  すが、このCO2は元々原料である植物が成長過程で吸収したCO2
  であるため、大気中のCO2を増やしません。
  つまり、化石燃料は地下に固定されていた炭素(カーボン)を掘り起
  こして燃焼するために大気中のCO2が増加し、BDFは元々大気中
  にあったCO2が、燃焼によって再び大気中に戻るだけなのでCO2
  が増加しないのです。このことをカーボンニュートラルといい、BD
  Fの利用は地球温暖化対策に有効なのです。
  京都議定書でもこの考え方が採用され、BDFの燃焼によって排出さ
  れたCO2については、温室効果ガス排出量をゼロとみなしています。

  <再生可能エネルギー>
  軽油の原料である石油は、長い年月をかけてできた化石燃料で、一説
  ではあと40年程度でなくなるとも言われています。
  B5に混合されているBDFの原料である植物(油糧作物)は、毎年
  生産することが出来るため、限りある石油資源に代わる燃料としてB
  5は注目されています。B5が広く利用されることで、化石燃料の節
  約につながるのです。
 
  <B5は国が認めた軽油です>
  B5は、揮発油の品質の確保等に関する法律(品確法)や、日本工業
  規格(JIS規格)、日本自動車技術会規格(JASO規格)などの
  軽油の規格を全て満たした軽油ですので、安心してお使いいただけま
  す。他の軽油と混ざっても問題ありませんし、冬期間においても安心
  してお使いいただけます。

  また、B5は経済産業省から軽油特定加工事業者登録を受けた業者の
  み製造することができ、エコERCはその登録業者です。
  製造したB5は国に指定された分析機関での品質分析を行い、その品
  質が保証されています。


軽油特定加工業者登録通知書 B5分析結果(一例)
 
 
  B5はガソリンスタンドで一般に不特定多数の方々へ販売する事を、国が認めた軽油です。
  現在、北海道では帯広市内のテービーオイル(株)中島橋給油所で給油できます。


テービーオイル(株)中島橋給油所
住所:帯広市西22条北1丁目5-16
電話:0155-37-5441

大きな地図で見る

  また、エコERCでは事業様向けにタンクローリーでの配送も実施しております。詳しくはエコERCまでお問合わせ下さい。
  お問合わせはこちらから
 
  B5は平成23年6月よりガソリンスタンドでの一般販売が始まり、幅広く活用されています。
  平成24年1月にはB5全道共通ロゴマークも完成しました。2月初旬にはB5利用促進のためのリーフレットも全道に配布さ
  れる予定です。このロゴマークをあしらったステッカーシールを利用者様向けに配布し、B5の利用拡大を目指しています。
    
    
  B5ステッカーシール
  
 
Copyrightc ECOERC co.,ltd.all right reserved.